フィリピン人講師から英会話を学ぶことの是非

フィリピン人講師から英会話を学ぶことについて

オンライン英会話はフィリピンに拠点を置いているスクールが多いため
フィリピン人講師の占める割合が高いです。

 

 

オンライン英会話にあまり馴染みの無い方にとっては
「えっ、フィリピン人から英会話を習うの?」
と意外に思われるかもしれません。

 

 

たしかにフィリピンにはフィリピン語という国語があるのですが、
フィリピン語の他に英語も公用語として定められているため
英語が堪能な人がとても多い国なのです。

 

 

実際フィリピンでは、「国語」や「歴史」など一部の教科を除いて
小学校からほとんどの授業が英語で行われますし、
日常生活では170以上もあると言われる現地語を話す人が多いものの
出身地が異なる人同士の会話では普通に英語が用いられるなど
英語はフィリピン人の日常生活の中に自然に溶け込んでいます。

 

 

また、アメリカの多くの企業が、その会社のコールセンター部門を
フィリピンに置いていることからも分かる通り、
フィリピン人の話す英語はビジネスの場でもしっかり通用する
れっきとした「正しい英語」ですので、
フィリピン人から英会話を学ぶのは何ら不思議なことではありません。

 

 

フィリピン訛りが気になる人は…

 

ですが、せっかく英会話を学ぶなら
「アメリカ人やイギリス人のネイティブスピーカーから学びたい」とか
「フィリピン人訛りが気になる」という方もいらっしゃると思います。

 

 

このフィリピン訛りについてはよく議論の的となるところで、
他のオンライン英会話を紹介しているサイトなどを見ると
「フィリピン訛りを気にするヤツに限って英語を話せない」とか
「英会話上級者ほどフィリピン訛りを気にしない」などと
フィリピン訛りを云々言う奴はダメだという意見が多く見られます。

 

 

しかし、私は必ずしもそうとは思いません。

 

 

「フィリピン訛りを気にする前に、もっと勉強すべきことがある」
という意見は、たしかに「ごもっともな意見」ですが、
フィリピン人にとって英語は公用語ではあるものの母国語ではないので
程度の差はあれフィリピン語(タガログ語)訛りはありますし、
英語表現についてもネイティブとは異なる部分がありますから、
「せっかく英会話を学ぶならネイティブから学びたい」
と考える人がいても、別におかしなことではないと思うのです。

 

 

人によって考え方や趣味・趣向は違って当然ですから、
「ネイティブから学びたい」と考えるのは悪いことではありませんし、
そうすることによって学習のモチベーションが高まるのでしたら
ネイティブスピーカーから英会話を学ぶべきです。

 

 

アメリカ人やイギリス人などネイティブの講師が在籍する
オンライン英会話スクールはそれほど多くなく、料金も高めですが、
英会話の学習は継続することが何より大切なので
もしそれでモチベーションが上がるのなら
ネイティブの講師が在籍するスクールを選ぶことをおすすめします。

 

 

学習の目的によって決める

 

フィリピン訛りについて書いてきましたが、
実は私自身はフィリピン訛りをほとんど気にしておらず
オンライン英会話のレッスンはフィリピン人講師から受けています。

 

 

と言うのも、私がオンライン英会話のレッスンを受ける一番の目的は
スピーキングの練習をすることだからです。

 

 

読み書きやリスニングは、市販の教材を使えば独学で勉強できますが、
スピーキングの勉強はなかなかそういうわけにいかず、
話し相手がいないと学習しにくいからです。

 

 

つまり、私は読み書きやリスニングはなるべく教材で勉強して、
オンライン英会話ではスピーキングを学ぶことを主眼に置いて
レッスンを受けるようにしているので、
講師の発音については正直あまり気にしていないのです。

 

 

しかも私の場合、現在の会社の上司はドイツ人ですし、
取引先もアメリカやイギリスの企業だけではありませんので、
ネイティブの発音に拘る必要も特に無いという事情もあります。

 

 

少なくともビジネスの面に関して言えば
英語は国際的な共通語としてたまたま使われているだけで、
様々な国の人達がそれぞれ訛った英語を話しながら
意思の疎通を図ってビジネスを行っているわけですから
ネイティブの発音や言い回し拘る必要はあまりないかもしれません。

 

 

このように、フィリピン人講師から英語を学ぶべきかどうかは
自分の学習目的によって決めれば良いのではないかと思います。

 

 

>>オンライン英会話で英会話力を伸ばすためにはのページに進む