効率的なレッスンの受け方

効率良くレッスンを受ける方法

街中にある通学型の英会話スクールでは
1回あたりのレッスン時間が50分位のところが一般的ですが、
オンライン英会話では1レッスン25分ないし30分のスクールが
ほとんどです。

 

 

オンライン英会話のように1レッスン単位の時間が短いと、
忙しい人でも空いた時間を利用して小まめにレッスンが受けられる
というメリットがありますが、25分という時間は
あっと言う間に過ぎてしまいます。

 

 

もちろん25分ではレッスン時間が足りないと思えば
2コマ連続で受講すれば良いわけですが、
忙しい人は毎回2コマのレッスンを受けるのは難しいでしょう。

 

 

そこで、このページではオンライン英会話のレッスンを
できるだけ効率良く受ける方法を考えてみたいと思います。

 

 

予習をする

当たり前のことですが、レッスンを受ける前に予習をすることは
効率良くレッスンを受けるのにとても大切なことです。

 

 

テキストを使用してレッスンを受けるのであれば、
その日に勉強するページは事前に目を通し
分からない個所があれば調べて、それでも理解できない点は
レッスン時に先生に質問しやすいようまとめておきましょう。

 

 

また、フリートークのレッスンを受ける場合でも、
自分が話したいトピックについてしっかり準備しておくことが
大切です。

 

 

例えば、時事ネタを話題に会話をする場合は、
事前に関連のニュース記事をいくつかピックアップして
実際に記事を音読しておくことをおすすめします。

 

 

事前にニュース記事を音読しておくことで、
レッスンの時に口から関連用語が出てきやすくなりますし、
あいにく講師がその分野に詳しくない場合でも
すぐに記事を音読して講師に内容を説明することができるので
レッスン時間をムダにせずに済むからです。

 

 

想定される質問には答えを用意しておく

初めてレッスンを受ける講師の場合、
レッスンに入る前にお互いの自己紹介をするのが普通です。

 

 

また、レッスンを受けるのが初めての講師でなくても、
「今日は何してたの?」「週末はどこか出掛けた?」など
挨拶代りの世間話をしてからレッスンに入るというのが
一般的な流れです。

 

 

こういった自己紹介や世間話も英会話の勉強の内ではありますが、
ただでさえレッスン時間が短いわけですから
ここで時間を使ってしまうと肝心のレッスン内容の方が
疎かになってしまいます。

 

 

しかし事前に何も考えていないと、いきなり「今日何してたの?」
と聞かれてもすぐに上手く説明することができず、
「あー」とか「うー」とか考えている内に時間だけが
ムダに過ぎて行くことになりかねません。

 

 

ですので、こうした自己紹介や世間話などのレッスン前の雑談は
想定される質問に対する答えを予め用意しておき、
なるべく短い時間で切り上げて本題のレッスンに移るようにすると
効率良くレッスンが受けられます。

 

 

ブログを書く

これは私自身はやっていないので、あくまで伝聞の情報ですが、
英会話のレッスンで勉強した内容をブログに書くようにすると
学習効果が非常に高まるそうです。

 

 

レッスンで習った内容を復習のためにノートに書いてみるだけでも
何もしないのに比べれば格段に学習効果は高まるのですが、
勉強した内容を自分だけが見るノートに書くよりも
他人に見られるブログに書いた方が効果的だそうです。

 

 

自分以外の誰かに読まれることを意識して書くという
他人に説明するという行為が、学習した内容の定着率を飛躍的に高める
効果があるそうです。

 

 

しかも、忘却はレッスンを受けた直後から始まりますので、
復習はレッスン後なるべく早めに行うことが大切です。

 

 

毎回レッスンの度にブログを書くのは面倒かもしれませんが、
学習効果は非常に高まるそうですので、
興味のある方はブログを書いてみてはいかがでしょうか?

 

 

>>オンライン英会話のレッスンで役立つフレーズのページに進む